2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタワイで単独サーフィンを成す!_黄金のバレル_ハッピースマイル!!!

オイシイ食事
美味しいマカン


この朝は、給油と航海レポートを提出するために入港。

『時間がかかりそうだから、先にディンギーでポイントに向かってもらって、それを後でピックアップしに行きますから』

とタカさんが説明してくれていたが、予定より全てが早く済みそうだからと待つ事になった。
しばらくすると全てが完了。

そして出港。


キャプテン?
キャプテン???

リアルキャプテン
Yes、キャプテン!!!

昨日のレフトの横を通ると、同じサファリボートがいて、ゲストたちが波乗りしている。

サライナは、さらに南に向かう。

最初にレフトのポイントをチェック。
風があっていないので、島の反対側のライトへ。
ラインナップには結構人がいる。しばらく、様子をみる。

『向こうにもライトのポイントがあるから、チェックしに行きましょう』

と、タカさんがいうので、皆でチェックに行く。
しばらくすると帰ってきて、今度は俺も乗り込みそのポイントに向かった。

2ftくらいのファンな長いライト。

最初はどこから乗っていいのか分からなかったけど、馴れるとずっと乗って行けるし、フェイスもどんどん張ってくるので楽しい。

しばらくすると、カズくんと福ちゃんが、サライナがいるライトに行きたいといい、タカさんも行くという。

俺はここに残るのをチョイス。
メンタワイでソロサーフィンができるなんて思いもしなかった。
何本も、何本も、良い波に乗った。あたりまえと言えば、あたりまえなんです。
俺、ひとりだけだから。。。。www

『しあわせだな~』

陽が傾き、黄金色にそまりつつある空を見上げて、思う。
毎日を海の上で過ごす、シンプルな生活。海のリズムに沿って生活して、ずっと海に接していられる。
ここにいると、波も含めて全てが日常になってしまっているけれど、それは違う。俺たちは日常を離れてここにいる。
でも、ここではこれが日常なのか。。。と、よくわからなくなる。

何もない幸せ、とてもシンプルな。けれど、とても満たされている。


chill.jpg


しばらくすると、デディの甥のウジャンが、向こうのライト(皆が行っている)は4人しかいないよ、と伝えにきてくれた。でも、俺はもう少し、ここにいたいと粘った。
そしてまた、しばし波乗り。

陽も落ちてきたので、ディンギーに戻り、皆のいるライトに向かった。
ディンギーから、そのブレイクを初めて前面側から観る。

うわー!凄い良い波!素晴らしいシェイプのバレルだ....
そして、本当に4人しかいない.....

陽に照らされて、波が黄金に輝いている。皆が興奮しているのが手に取る様に分かる。
この波だもんね....

しばらくディンギーから見ていたけど、我慢できずに入水。
もう、暗くて波が見えなかった。もう少し、早く来ればよかったと後悔しきり。

ディンギーに乗って、真っ暗な中を母船に戻る。
皆、良い波でやれて凄く興奮している。笑顔で波の話をしている。
聞いているだけで、ハッピーになるようなそんなテンション。


イルカ
人気者のイルカさん

サライナに戻ると、カヌー?で子供たちがたくさん訪れていた。
大人の姿が見えないから、子供たちだけでここまで来たのだろう。
何時からいるのかわからないけれど、帰りはこの暗い中を帰っていくのだろうな。
たくましいな。。。

そしてまた、いつもの夜が更けていく。。。


All photos shooted by Taka-sang.

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://teman2009.blog16.fc2.com/tb.php/7-3e696ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Masato.K

Author:Masato.K
自分改革に取り組む、マイペース人間

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。